GTX TITANとの比較

NVIDIAから新しいハイエンドグラフィックボードが発売されました。その名もGeForce GTX780Tiです。もともとGTX780はありましたがどこが違うのでしょうか。それは単純に性能面が大幅にパワーアップしたのです。本来であればGTX780よりも後に発売されて高性能なのですからGTX790となるべきなのでしょうけど、GeForceは型番に意味があり、GTX790はGTX690と同じようにデュアルコアのための型番です。つまりGTX780Tiはシングルコア最強のグラフィックボードということになります。でも思い出してみてください。番号がないGTXがありましたね。それはGTX TITANです。GTX TITANは型番に数字がついていませんが、これまでGTX780よりもハイスペックなグラフィックボードという位置づけでした。ではGTX780TiとGTX TITANを比較した場合、どちらのほうが高性能なのでしょうか。

いきなり結論を書くとGTX780Tiのほうが高性能です。ただ、そこまで性能に大きな差はありません。3DMARKなど各種ベンチマークのスコアを計測してみると、わずかながらGTX780Tiが上回っている状態です。その程度の違いならGTX780Tiに価値がないと思うかもしれませんが、それは違います。決定的な違いは価格です。グラフィックボード単体の価格を比較するとGTX780TiはGTX TITANよりも30000円くらい安いのです。BTOメーカーでも続々とGTX780Ti搭載ゲーミングPCを販売しており、スペックが上なのに価格が低い奇妙なサイト構成になっています。

いち早くGeForce GTX780Ti搭載ゲームPCを販売したのがG-Tuneです。NEXTGEAR i630PA3-SPはCPUにCore i7-4770K、メモリ32GB、CPUクーラー搭載したハイエンドなデスクトップです。最新のハイスペックグラフィックボードを搭載したゲーミングPCなのに約20万円という価格にはびっくりですね。どんでもなく格安です。でもどうせならカスタマイズでSSDを追加したほうが、各パーツの性能を活かせます。コスパ最高でFPSにもMMORPGにも適していますよ。

NEXTGEAR i630PA3-SP